前へ
次へ

洗顔をしたらすぐに化粧水は清潔な手で塗布をする

素肌に潤いを与える基礎化粧品は化粧水であり、洗顔をして肌をお清潔にしたら、間髪入れずにすぐに手のひらを使い顔全体へと塗布をします。
化粧水の塗布の仕方には違いがあるので、ふわふわのコットンを使う人もいれば、手のひらで付けることもあるものの、手でしっかりと閉じ込めるように塗布をすることです。
顔の肌に雑菌を一緒に付けてしまってはいけませんので、事前に手はしっかりと洗っておきます。
清潔な手の状態にしてから、肌に化粧水を優しく押しつけるように付けていくのがコツです。
塗布の仕方として叩き込むようにパッティングをすることがありますが、肌を叩いたり擦りこむように入れるのは肌に負担がかかります。
擦るように付けたり叩いて塗布をすると、肌ダメージばかりが強くなるので注意です。
素肌を傷付けないコットンの使い方をするのであれば、化粧水をたっぷりと浸したコットンを、乾燥の気になる部分にだけ置くように使うことならできます。
肌を傷つけることになりませんし、乾きがちな部位の集中保湿にもピッタリです。

Page Top